読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生物多様性情報学の出張所

生物多様性情報学関係のあれこれを中心に扱います。「生物多様性情報学の情報交換の場」の投稿の抜粋中心。

日本昆虫科学連合シンポジウム「昆虫分類学の新たな挑戦」

「昆虫分類学の新たな挑戦」というタイトルで、生物多様性情報学・データベース、DNAバーコーディング、バイオミメティクスと、新しいアプローチでのプロジェクトが紹介されます。DNAバーコーディングの生みの父、Paul Hebert博士が来るというのが一番の目玉でしょうか。

気になるのは、発表趣旨の中にある「DNAバーコーディングをはじめとする世界的な潮流に乗った情報基盤プロジェクトに、早急に参画すべきである」という文言。世界では着実にプロジェクトが熟し実用段階に入りつつあるのに、日本だけどんどん取り残されている過程を見てきた人間としては、ちょっと忸怩たるものがあります。

シンポジウム案内